おすすめプラン

ナイトツアー 公式ページ

女将の日記

2019年07月10日

休館の様子を垣間見る

  • 古くサビにおかされていた厨房の備品が一部新しくなりました。日頃から意識を持って仕事に向かっている者でなければ、与えられた環境のより良い改善というのは、日頃まじめに仕事しているとしても、それとはまた違い、案外気づけないものです。こうして、きれいに生まれ変わったことは、気持ちもよく、うれしいです。
  • そして、調理業務が休んでいる間に、グリストラップ等の清掃をおこなってくれている伊藤さんです。このグリストラップ、排水溝の水質をきれいにする場所で、どうしても汚れてしまうのです。実は臭いも結構なものです。作業内容自体は誰にでもできることでも、だれでもできる作業ではないかもしれません。
  • 石苔亭いしだの経営の基本姿勢の一つ「裏も表も一番館」。自分で考え、自ら行動を起こすことが出来るスタッフに、心から尊敬の意と感謝の言葉が生まれます。彼の行動の源となっているのは何でしょうね。私も彼も、現在行っている自分の行動が、ここで働く人たちの役に立っている。気持ちよく、安心して、お客様のために自分の職務を喜びを持って取り組んでくれる姿を想します。石苔亭いしだで働く仲間が、明るい笑顔で、のびのびと行動できる社員であってくれたら、石苔亭いしだに来館されるお客様もきっと安心して、心地よい時間を過ごしていただけることができると、そんなふうに思います。

    皆が休んでいるときでも、こうして会社のことを思いながら裏方の仕事をしてくれている人がいることを、全員が理解し、お互いを尊重しあい、同じ志を抱き、素敵な日々が過ごせることを願っています。