おすすめプラン

女将の日記

2017年05月15日

5月全体ミーティング

  • 新入社員が頑張ってくれました。
    みんなの前に立ち、経営理念を社員を代表して発声してくれました。

    みんなどんな思いでいるのでしょう。
    なんだか愛おしい
    応援したいのに、自分に何ができているかは自信がありません。
    ただ、見守り、応援したいと思う気持ちだけ・・・

    幼少時代の私にとって、家族の時間を奪うもの、歯を食いしばり汗を流す両親の姿、
    自分の存在を不安にさせるもの、私にとっては宿敵ともいえるかもしれない。

    その旅館に私は20数年務めている。
    会社のすべての様子に、心動かされ感情を乱されてきている。

    旅館は、今の私を形つくってきたものといえますね。
    子供と同じ感情を抱いている気がします。

    皆のいろんな思い、変わってあげられるものなら、変わってあげたい。
    幸せになってもらいたいし、会社の幸せが、自分の幸せにつながる。
    でも、一人では決してどうすることもできなくて、力及ばない己を受け入れ、周りの人の力や助けを素直に求めてどうにかこうにか過ごしている。

    理解者が多くいてくれることをねがいつつ、日々志を絶やさずに前に進むしか方法を見つけられません。

    20年数年も勤務している私ですら、たったこれっぽっちの存在で、一人では何もできない存在。
    社員一人の存在が、会社を営む上でどれほど大切な存在であるかをみんなに感じてもらいたいです。
    一人の存在は、その環境をなす大切な存在です。
    誰にでも一瞬一瞬、心が折れそうになることもあるだろう。
    それでも、個々の存在はい今ある世界をなす大切な存在です。

    多少不恰好でも、失敗があったとしても、真っ正直に、誠実に生きてゆく人のことを、当社へご来館くださるお客様は必ず温かく応援してくださいます。石苔亭いしだに集まる方々は、そんな素敵な方々ばかりです。
    新入社員の皆さんにも、そんな暖かな人たちに囲まれているということを知っていただきたい。