おすすめプラン

ナイトツアー 公式ページ

新着情報

月別アーカイブ

2020年04月10日

【桜便り】4/10 麻績の里 舞台桜

南信州地域は、樹齢300年以上の老桜をはじめ
樹形の美しい名桜が多く残されています。

現在、飯田市内の桜が見頃を迎えています。
本日ご紹介する桜は、花ごとに花びらの数が違う、
という大変珍しい桜として人気があります。
そろそろ散り始めですが、桜のある高台からは
遠く雪山が望め、春一色といった雰囲気でした。
ただ例年のような賑わいはなく、少し寂しい感じがしました。
近くには竹田扇之助記念国際糸操り人形館や元善光寺があり、
春の散策にお勧めです。


麻績の里舞台桜(おみのさとぶたいざくら) ※画像は4/9撮影

所在地・・・〒395-0001 飯田市座光寺2535
品種・・・シダレザクラ
樹齢・・・推定350年
胸高周囲・・・4m
樹高・・・12m

胸高周囲約4m、樹高約12mの古木で、
開花時の美しさで知られているシダレザクラです。
特徴的なのは、5枚から10枚という不安定な花弁の数です。
このような変異のサクラはほかには知られていませんが、
財団法人「日本花の会」により、新品種と判定されています。
半八重(はんやえ)シダレザクラともいわれています。
名前は隣接する旧座光寺麻績学校校舎にちなんだもので、
平成17年に座光寺地域が公募して命名しました。

※近隣の桜開花情報は 飯田市ホームページ にてご確認いただけます。

 
今日もいいお天気。
宿の前の桜並木が満開です。